こんにちは。ゲストユーザー さん 初めての方はこちら
ユーザー登録 サークル登録 お問い合わせ 新着一覧
ログイン

『ある人は言ったシリーズ』の一角となる、最も皮肉と風刺に特化したライトノベル風論文です。 ※創作オリジナル。 同人 ノベル

一発やる会
『ある人は言ったシリーズ』の一角となる、最も皮肉と風刺に特化したライトノベル風論文です。 ※創作オリジナル。の画像
価格(税込み) ¥432
ポイント 3% (12ポイント) 還元
カートに入れる
0拍手

この作品につけられているタグ

追加したいタグを入力してください

タグを削除するには、追加されたタグにマウスを合わせ、右側に表示されるxボタンをクリックしてください

『『ある人は言ったシリーズ』の一角となる、最も皮肉と風刺に特化したライトノベル風論文です。 ※創作オリジナル。』の作品内容

◆――あらすじ
――あるとき、街に『都市伝説(ウワサ)』が流れ出す。
 それは、『全身バラバラにされて殺される』というウワサ話。
 それも『ただのバラバラでなく』、『全身を細切れ』にされ、『顔を剥がされ』、その顔は被害者の『骨で壁に打ち付けられる』という『猟奇事件』。
 『ウワサ』が『ウワサ』を呼び、『ウワサ』が『噂』になりて、『噂』が『都市伝説』へと代わるとき、別の『都市伝説』が流れ出す。
 ――それは『家出少女』の話。
 帰る場所もなく、行き先もなく、『何もかもわからなく』なってしまった少女。
 そんな少女と『出会う人』もまた、『風変わり』な『キャラクター(性癖持ち)』。
 『都市伝説』が好きで好きでたまらない【都市伝説好きの少女】が噂を話し。
 『殺人に到るプロセス』を科学的に解明しようとする【殺人容認主義者】が論じ。
 『普通でない』と考えて、考えて、行動できない【殺人視考(しこう)】が振り回され。
 『世界の情報を聴く』という【歩く騒怨(あるくそうおん)】の情報を頼りに。
 ――『噂』に『幕を下ろす』べく、動き出す。
 その中で、彼らは『思い』、『悩み』、『考える』。
--------------------------------------------------------------------------------
 『生きる意味』を『死ぬ意味』を『殺す意味』を『守る意味』を。
 そして、『愛する意味』を。
--------------------------------------------------------------------------------   

 ――舞台は、『広島県』と『岡山県』の間にある『蝠山(ふくやま)』という、地方都市。
 そのすぐ近くに展開される、『学生の街』、『松長(まつなが)』。
 そこに住まう彼らが見つけ出す、『都市伝説』の真相とは?
 そして、『永遠の命題(ミステリー)』の答えとは何か?
 
 彼らの『生き様』を通して、その答えが見つかるかもしれない。
タイトル 『ある人は言ったシリーズ』の一角となる、最も皮肉と風刺に特化したライトノベル風論文です。 ※創作オリジナル。
サークル名 一発やる会
作家名 ・w・
発売日 2011年08月16日
作品種別 一般向け
ホームページ http://ippatuyarukai.web.fc2.com/
ファイル形式 PDFファイル  /  画像ファイル
ファイル名/サイズ IT0000147378p.zip / 211,700,030 Byte (202MB)
動作環境 JPGかPDFが読める環境
価格(税込み) ¥432
ポイント 3% (12ポイント) 還元

週間ランキング

ユーザーレビュー

この作品のレビューはまだありません。

あなたが最近チェックした作品

作品を探す

ページの先頭へ