こんにちは。ゲストユーザー さん 初めての方はこちら
ユーザー登録 サークル登録 お問い合わせ 新着一覧
ログイン
ただ今タイムセール実施中! 全作品9%ポイント還元! 終了まで残り00:00:00

八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -第三話 同人 無料配信 ノベル ダウンロード数: 100

スタジオギア
八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -第三話の画像
0拍手
サンプル画像
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル

この作品につけられているタグ

追加したいタグを入力してください

タグを削除するには、追加されたタグにマウスを合わせ、右側に表示されるxボタンをクリックしてください

『八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -第三話』の作品内容

オリジナル同人ゲーム創作サークル「スタジオギア」が、満を持してお送りする、「化け物バトルアクション・ビジュアルノベル」の決定版!

 ――――――――――――――――――――

―――2011年の真夏。静葉佑一郎と、その仲間たちは、とある病院にて、一人の少女と関わることになる。その少女―――御歌川夜子(みかがわ よるこ)は、両目の見えない、おとなしい子供……だったかに思えた。

ある夜、佑一郎は夜道で夜子と遭遇するが、夜子は凶暴性を発揮し、佑一郎へと襲いかかる。が、後日に佑一郎と会った夜子は、普段どおりのおとなしさで、佑一郎と接していた。

その様子を不可解に思った佑一郎は、夜子の素性を調べることに。そうして、その裏で暗躍する一人の男と、夜子を助けようと願う、一匹の「狼」の存在を知る。

真夜中に「暴走」する、盲目の少女。それを阻止する、一匹の狼。その彼らを弄ぶ、敵の存在。そんな混迷を極める事態のなか、佑一郎は「救うべき存在」のために、親友の拓人や、仲間となった円たちと共に、今回も「奇生体」がらみの問題に立ち向かっていく!!

真の「正義」とは、なにか。真の「人間」とは、なにか。迷える者達は、果たして如何なる解(こたえ)へと辿り着くのだろう―――?

 ――――――――――――――――――――

第参話も絶好調! スタジオギアのお送りする、荒唐無稽にして破天荒なる「一大バケモノ奇譚」、とくとご覧あれ!

「―――俺は恐れねぇ! なにも恐れねぇ!! 恐れるモンなんか、なにもねぇっ!!!」
タイトル 八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -第三話
サークル名 スタジオギア
作家名 夜真ゆうじ
ジャンル オリジナル
発売日 2013年05月18日
イベント COMITIA104
作品種別 一般向け
ホームページ http://studiogear.web.fc2.com
ファイル形式 アプリケーション
対応OS Windows98  /  Windows98SE  /  WindowsMe  /  Windows2000  /  WindowsXP  /  WindowsVista  /  Windows7
ファイル名/サイズ IT0000163473p.zip / 642,487,937 Byte (613MB)
動作環境 OS  Windows 98/98SE/Me/2000/XP/Vista/7が動く環境
CPU  PentiumII Celeron 300MHz以上
メモリ  Windows2000/XP:256MB以上 Vista:512MB以上
HDD  500MB以上の空き容量
VIDEO  900x675ドット ハイカラー以上
DirectX  DirectX 7以降

週間ランキング

ユーザーレビュー

この作品のレビューはまだありません。

あなたが最近チェックした作品

作品を探す

ページの先頭へ