こんにちは。ゲストユーザー さん 初めての方はこちら
ユーザー登録 サークル登録 お問い合わせ 新着一覧
ログイン

八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -第四話 同人 無料配信 ノベル ダウンロード数: 89

スタジオギア
八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -第四話の画像
0拍手
サンプル画像
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル

この作品につけられているタグ

追加したいタグを入力してください

タグを削除するには、追加されたタグにマウスを合わせ、右側に表示されるxボタンをクリックしてください

『八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -第四話』の作品内容

オリジナル同人ゲーム創作サークル「スタジオギア」が、満を持してお送りする、「化け物バトルアクション・ビジュアルノベル」の決定版!

 ――――――――――――――――――――

―――2011年の真夏。真夏の風物詩とも言える、巨大な台風が日本を襲うなか、静葉佑一郎とその仲間たちは、変わらず日々、「細胞」の退治に勤しんでいた。

そんななか、佑一郎は一人の女性と山中で遭遇。その彼女の人探しを手伝うことになったのだが、突然不意を突かれ、その場で正体不明の女に殺されかける。どうにか一命を取り留めた佑一郎だが、放ってはおけない異常事態に、仲間たち全員で調査に乗り出す。

しかし、殺されかけた佑一郎を救うために、イヒコは敵と姿を眩ませたまま、一向に戻ってこない。唯一無二の相棒たる彼女がいない今、満足に戦うことができない佑一郎。しかし、イヒコと同列の存在であるラファエロやカムイと連携を取り、様々な窮地を脱していく。

そして、その裏で動き始める、「佑一郎たちの殲滅」を目論む、謎の敵影。その彼らは互いの利害の一致を受け、協力して佑一郎たちと、今回のバケモノ―――エアとレリックを消そうと企む。

「不要物」と呼ばれ続けた人造人間。尋常でなき異能を操る「存在しないバケモノ」。彼女たちの生(い)く末は、如何に。

 ――――――――――――――――――――

第肆話も絶好調! スタジオギアのお送りする、荒唐無稽にして破天荒なる「一大バケモノ奇譚」、とくとご覧あれ!


「―――俺は恐れねぇ! なにも恐れねぇ!! 恐れるモンなんか、なにもねぇっ!!!」

※内容は旧バージョンを加筆修正したものです。
タイトル 八月の化け物たち - 1/6の奇妙な真夏 -第四話
サークル名 スタジオギア
作家名 夜真ゆうじ
ジャンル オリジナル
発売日 2013年05月19日
イベント COMITIA104
作品種別 一般向け
ホームページ http://studiogear.web.fc2.com
ファイル形式 アプリケーション
対応OS Windows98  /  Windows98SE  /  WindowsMe  /  Windows2000  /  WindowsXP  /  WindowsVista  /  Windows7
ファイル名/サイズ IT0000163534p.zip / 666,971,471 Byte (637MB)
動作環境 OS  Windows 98/98SE/Me/2000/XP/Vista/7が動く環境
CPU  PentiumII Celeron 300MHz以上
メモリ  Windows2000/XP:256MB以上 Vista:512MB以上
HDD  500MB以上の空き容量
VIDEO  900x675ドット ハイカラー以上
DirectX  DirectX 7以降

週間ランキング

ユーザーレビュー

この作品のレビューはまだありません。

あなたが最近チェックした作品

作品を探す

ページの先頭へ