こんにちは。ゲストユーザー さん 初めての方はこちら
ユーザー登録 サークル登録 お問い合わせ 新着一覧
ログイン
ただ今タイムセール実施中! 全作品6%ポイント還元! 終了まで残り00:00:00

不思議の大冒険 チルノ見参! 2 同人 体験版あり RPG

クロスロッジ
不思議の大冒険 チルノ見参! 2の画像
価格(税込み) ¥1,499
ポイント 3% (41ポイント) 還元
いまならポイント6%
(83ポイント)
カートに入れる
22拍手
サンプル画像
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
サンプルムービー

この作品につけられているタグ

追加したいタグを入力してください

タグを削除するには、追加されたタグにマウスを合わせ、右側に表示されるxボタンをクリックしてください

『不思議の大冒険 チルノ見参! 2』の作品内容

◆◆
前作「チルノ見参1」無料配布中!
◆◆
不思議の大冒険系ローグライク「チルノ見参1」が正統進化して帰ってきた!
基本システムは引き継ぎつつ、無理のない改変を加えて戻ってきた!
ほとんどのアイテムが上方修正! 効果が強く楽しくなった!
ほとんどのエネミーも上方修正! 全然簡単になってない!

紅魔郷から輝城針まで win版のキャラがほぼ全員登場!
クロスロッジの集大成、チルノ見参2!
チルノをうまく操作して、鬼人正邪にさらわれた大妖精を助けに行こう!
◆◆
倒されても完全再現できるコンテニューシステムもあるし、
難易度も「+0」「+1」「+2」と3つから選べるから
上級者も満足、初心者でも安心だね

体験版もあるから触れてみてから購入するのいいかも?

図鑑システムも導入されてやり込み要素も入ったよ
◆◆
詳細ページ → http://crosslodge.wix.com/cirnokenzan
◆◆
※※
パッケージイラストには『チルノ見参!2+1』と書かれていますがチルノ見参1は同梱されていません
チルノ見参1が後に無料配布になったための変更です

チルノ見参1は下のアドレスにあります
http://www.melonbooks.com/index.php?main_page=product_info&products_id=IT0000155177
ご迷惑おかけしまして申し訳ございません
※※
タイトル 不思議の大冒険 チルノ見参! 2
サークル名 クロスロッジ
作家名 ウェレイ
ジャンル 東方Project
発売日 2013年12月30日
イベント コミックマーケット C85
作品種別 一般向け
ホームページ http://www.usamimi.info/~crosslodge/
対応OS Windows7
ファイル名/サイズ IT0000168635.zip / 570,675,669 Byte (545MB)
価格(税込み) ¥1,499
ポイント 3% (41ポイント) 還元
いまならポイント6%
(83ポイント)

この作品を欲しいものリストに入れているユーザー

※欲しいものリストを公開しているユーザーが表示されます。

ユーザーレビュー

kさんのレビュー

東方モチーフのローグライクゲーム
東方でローグ系と言うと不思議の幻想郷が有名だが、そこまで似てるゲーム性でもない
むしろこのゲームはジョジョゲーであるディアボロの大冒険をリスペクトしているのでそっちに近い

複数絵師で絵柄がバラバラ、ドットもドッターが複数いるので最初は違和感があるかもしれない
難易度はやや難し目
自分の強化が簡単なのでどんどん攻撃に追加効果を足せるが、敵に遠距離攻撃持ちが多くさらに高火力なので突然死しやすいバランスだった
こちらの殴りも強いが遠距離で一瞬で袋叩きにされやすい印象

前作のチルノ見参1のほうは無料で公開されている
個人的には2より1のほうがまとまりがあって出来が良かったし、正直2は劣化したと思う

まず第一にUIが糞すぎる
メッセージウインドウがでかすぎて画面の下部分が全然見えない
フォントが大きすぎるし、手書き風なのも見づらい、半透明で無くなったのも見えにくいと感じる
マミゾウや鵺の印で追加された印など、一部がメインでなく中途半端に右側に小さく表記されるのもわかりにくかった
ボムの残弾も見えにくい、と不満だらけだ
余計な装飾を入れすぎたのだ
1のシンプルな表示と比べると随分使いにくくごちゃっとなってしまった

他に細かい不満点ではあるが
ヤマメ系が強すぎる、そのくせ経験値が少なすぎる
ナズーリンのBGMでエラー音が入っていて耳が痛くなり、不快
ボムの仕様変更など説明不足な箇所が多い

1より多数の追加要素がありボリュームアップしたのは良いが、新要素にどれも蛇足感がありまとまりが悪く、どうにも練り込み不足という印象はぬぐえなかった

あなたが最近チェックした作品

作品を探す

ページの先頭へ