こんにちは。ゲストユーザー さん 初めての方はこちら
ユーザー登録 サークル登録 お問い合わせ 新着一覧
ログイン
ただ今タイムセール実施中! 全作品6%ポイント還元! 終了まで残り00:00:00

優曇華の花が咲いている 同人 コミック

クロシュラの旅路
優曇華の花が咲いているの画像
価格(税込み) ¥216
ポイント 3% (6ポイント) 還元
いまならポイント6%
(12ポイント)
カートに入れる
1拍手
サンプル画像
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル

この作品につけられているタグ

追加したいタグを入力してください

タグを削除するには、追加されたタグにマウスを合わせ、右側に表示されるxボタンをクリックしてください

『優曇華の花が咲いている』の作品内容

月から降りてきたばかりの鈴仙が、永琳やてゐ、輝夜たち永遠亭の住人と交流をしていくお話です。

・ストーリー
とある理由で月から逃亡してきた月兎、レイセンは降り立った竹林で彷徨っていた。
憔悴した彼女は夜になると輝き出す月を怖れ、感情的に自身の能力を発動する。
すると霧の中から竹林の奥にあるとは思えぬ大きな屋敷が現れる。
そこにはひとりの女性の姿があった。
心身共に限界だったレイセンは、薄れゆく意識の中、助けを乞う。

彼女は夢を見ていた。
暗闇の中、上から声が聞こえてくる。
自分に対する期待の声。
しかしレイセンは、それにうつむくことしかできなかった。

涙で目覚めると、広い天井が映り、温かい布団の中に自分がいた。
突然声がかかる。
目の前には先程の女性が当たり前のようにそこに佇んでいた。
反射的に距離を取るレイセンに対し、女性は自分が介抱したと述べる。
レイセンは顔を赤らめ慌てふためきながら必死に感謝の言葉を並べていくが、女性は上着の裁縫をしながら淡々と応対する。

レイセンは自分の名を告げ、恐る恐る命の恩人の名を尋ねる。
レイセンの名を聞いた女性は一瞬硬直するが、次には表情を柔らかくし、名を永琳と答えた。

部屋を出た永琳は立ち止まり、ひとり小さくレイセンの名を反芻する。
何かを思い出すように・・・。


ページ数:60ページ

--------------------------------
・サークル作品紹介
「優曇華の花が咲いている」より前のお話として「千年を知る君の声」(全四巻)が、
後のお話として「千年を知る君の声 外巻」があります。
また、本作は「永遠の子(仮)」の遥か後のお話として読むことも出来ます。

それぞれの作品は単独で完結しますが、全作品を通して一連のつながりがある内容となっています。
タイトル 優曇華の花が咲いている
サークル名 クロシュラの旅路
作家名 伊関
ジャンル 東方Project
発売日 2014年05月26日
作品種別 一般向け
ホームページ http://kurokami.kurofuku.com/
ファイル形式 PDFファイル
対応OS WindowsXP  /  WindowsVista  /  Windows7  /  Windows8  /  MacOSX
ファイル名/サイズ IT0000171917p.zip / 55,425,587 Byte (53MB)
価格(税込み) ¥216
ポイント 3% (6ポイント) 還元
いまならポイント6%
(12ポイント)

週間ランキング

あなたが最近チェックした作品

作品を探す

ページの先頭へ